シューメーカーチェア、本物を知る

シューメーカーチェアは、樹齢平均約100年のブナ材を使い、職人が一つずつ丁寧に仕上げたものです。

ご存知でしょうか、アンデルセン童話のハンス・クリスチャン・アンデルセン。31xnoR2Y82L

アンデルセンは、靴職人の家に生まれました。

 

そして、デンマークの椅子と言えば有名なハンス・ウェグナー

こちらも靴職人に家に生まれたんですよね。

 

しかも二人の誕生日は同じ日なんですよ。

なんか運命を感じますね。

 

ということで、デンマークは靴職人の多い国なんでしょうかね。

 

そんなお国柄だから生まれたのでしょうか。このシューメーカーチェア。

昔ながらの製法で、50年100年使える家具です。

中国製のリプロダクション、どうしても好きになれない人は本物の本物をお楽しみください。

無垢材ならではの木目が楽しめて、シンプルで無駄のない、デンマークの伝統が息づく洗練されたデザインの椅子です。

手作りの本当の温もりを感じてください。http://js-shop.jp/?mode=cate&cbid=717591&csid=3

shoemaker1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

メルマガ好評配信中!

「北欧好奇心」編集部では「人と地球に優しい北欧」配信中です!ブログの更新やお得情報も配信します!!どうぞご登録ください。

おすすめ記事

  1. main_12601_LL

    フィンランド独立100周年記念展 デザイン展

    今年はフィンランド独立100周年 記念の行事がいくつかありますが、デザイン展もその一つです。 …
  2. hygge1

    HYGGEに過ごす北欧の冬

    2016年11月22日 人と地球に優しい北欧 - メルマガより ★★★ 皆さんこんにち…
  3. FB4

    なんでデンマーク人が幸せな人々 なのか

    デンマークのちょっと面白い記事を見つけたのでシェアしたいと思います。 http://www.h…
ページ上部へ戻る