デンマークの逸品 シューメーカーチェア

やっぱしこれは名品!
木の温もり、クラフトマンシップ!
100年もつデンマークの一品ですね!

http://www.amazon.co.jp/dp/B007UFW3J4

Shoemaker Chair(シューメーカーチェア)の座面は厚い無垢のブナ材、 デンマークの国の木です。

平均すると樹齢100年ぐらいの成木を材料としています。 天然の無垢材でこれだけ厚いものは節やひび割れが心配ですが、

シューメーカーチェアに 使用される材料は一つずつ職人たちの目と手によって検査されています。

座面は機械で大まかに削り出されたあと、一つずつ職人の手によって仕上げられ、 無垢材特有である一つ一つ違う美しい木目になります。

三本の脚の間にはT字に貫(ぬき)が入ることにより頑丈な作りになり、 使用する際の足置きにもなります。

シンプルで無駄がなく、デンマークの伝統が息づく洗練されたデザインです。

最近、ジェネリック家具などといってまねたデザインの中国製が売られていますよね。

これはあくまでも個人的な意見なんですが、そう、デンマークの家具工房に何度も通わせて

いただいた経験からいって、木のこだわり、乾燥、構造、仕上げ、どれをとっても100年以上使える

家具を作る職人技の妥協が一切ないんですね。

ジェネリック家具はどうなんでしょう???って思うんです。

オリジナル家具がジェネリックによって評判悪くなることだけは避けてほしいです。31xnoR2Y82L

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

メルマガ好評配信中!

「北欧好奇心」編集部では「人と地球に優しい北欧」配信中です!ブログの更新やお得情報も配信します!!どうぞご登録ください。

おすすめ記事

  1. main_12601_LL

    フィンランド独立100周年記念展 デザイン展

    今年はフィンランド独立100周年 記念の行事がいくつかありますが、デザイン展もその一つです。 …
  2. hygge1

    HYGGEに過ごす北欧の冬

    2016年11月22日 人と地球に優しい北欧 - メルマガより ★★★ 皆さんこんにち…
  3. FB4

    なんでデンマーク人が幸せな人々 なのか

    デンマークのちょっと面白い記事を見つけたのでシェアしたいと思います。 http://www.h…
ページ上部へ戻る